入笠山

DSCN0857.jpg6月18日~19日 女性11名 男性2名参加

京都駅集合7:20→新幹線名古屋へ→ワイドビューしなので塩尻へ→中央線冨士見駅下車→タクシーで登山口12時30分着

登山開始とともに、樹林帯はセミとカエルの大合唱、話し声も聞こえないほどです。

DSCN0777.JPG入笠湿原に入るには柵を開けて入らなければならないDSCN0780.JPG湿原にはコナシの木がいっぱい。ピンクから真っ白な花が満開をむかえています。

DSCN0782.JPGDSCN0788.JPGDSCN0785.JPG

ゴンドラ下り場前にはドイツすずらんが満開、八ヶ岳の展望も素晴らしい。

DSCN0803.JPGDSCN0806.JPGアツモリソウやクマガイソウも咲いている。アツモリソウは培養されていた。

DSCN0915.JPGその他の花、ニッコウキスゲ クリンソウ レンゲツツジ イカリソウ エンレイソウ チゴユリ マイズルソウ ニリンソウ

ツマトリソウ オオアマドコロなどたくさん

DSCN0815.JPGDSCN0904.JPGDSCN0819.JPGDSCN0821.JPGDSCN0817.JPGDSCN0865.JPGDSCN0850.JPGDSCN0840.JPG

DSCN0903.JPGDSCN0901.JPGクロユリに似た花を見つけ、後日教えてもらった。コミヤマハンショウヅルで半鐘が蔓にぶらさがっているように見えるからということです。

DSCN0866.JPG入笠山頂は360度の展望だ。北アルプス 中央アルプス 南アルプス 富士山を遠望し、目の前には八ヶ岳がそびえます。

DSCN0857.jpgDSCN0870.JPGDSCN0873.JPG小屋は個室でらくちんでした。DSCN0863.JPG

DSCN0864.JPG八ヶ岳を遠望しながらゴンドラで下山しました。

DSCN0920.JPGDSCN0927.JPGDSCN0928.JPGマンホールの蓋もホテイアツモリソウです。花の山でした。                by ひろこ