立山を歩こう(称名滝・雄山・美女平)

7月18日(火)~20日(木)  参加者14名

 本会でも立山三山に登山する人は多いですが,ふもとにある称名滝や美女平は歩いたことがありません。一度歩いてみたいと思いました

京都からサンダーバード~北陸新幹線~富山地方鉄道~ケーブルカー~高原バスと乗り継いで立山の旅を楽しんで来ました

<1日目> 晴れのち夕立  立山で下車、称名滝行バスに乗ります 

tate12.png

圧巻!! 落差350mの称名滝!雪解け水で現れるハンノキ滝はちょろちょろ落ちていました

tate13.jpg可愛くラッピングされたケーブルカー  立山の花と動物がかいてあるのかな

tate16.png高原バスに乗り換えて室堂に着くと大雨となっています。おまけに雷も頭上で鳴っています!

雷が終わって今日のお宿「みくりが池温泉」に出発します。周りは見えず"(-""-)"

tate17.png<2日目> 快晴 今日は雄山登山 気合が入ります

tate1.png記念写真を撮って出発します

tate18.png tate21.png

tate2.png tate23.png

室堂山荘との分岐 「うわ~雪たっぷり!」

tate24.pngtate25.pngtate26.png払い堂を過ぎるとあと一息で一ノ越だ!

tate27.pngtate28.png tate29.png

一ノ越 到着(休憩をしながら予定時間どうり) 今日は荷揚げの日でヘリコプターが何度も往復している

tate30.png tate31.png 

雄山登山開始

tate32.png tate33.png

tate3.png tate4.png

山頂到着!

tate5.png tate35.png

下山開始 室堂平方面の景色

tate36.pngtate37.png tate6.png

tate39.png tate40.png

一ノ越山荘前で昼食後「賽の河原」方面へ下山開始  分岐に立つお地蔵さん

tate41.png tate44.png

tate45.png tate46.png

花畑はまだまだこれから・・・花芽は起きたばかり

tate47.png tate50.png

アオノツガザクラは早起きね

tate49.pngtate7.pngtate48.pngtate8.png tate51.png

何回も休憩します              童心に帰って楽しむ人も

tate9.png目標の雷鳥沢キャンプ場が見えてきました、コーヒータイムが楽しみです ♬

称名川にかかる一本橋を渡るとキャンプ場です

tate53.png「雨が降りそうだからコーヒータイムは宿でしよう~」との声が上がる。西の空は雲行きが怪しい

tate10.png追い立てられるように宿へ移動する・・・でもお花畑では足が止まり、谷あいでは雷鳥の親子が遊んでいる(写真にとれず残念!)

tate56.pngやっと一株咲いていたコバイケイソウ       シラネニンジンとヨツバシオガマ 

tate57.png tate58.png

シラネニンジン(向かって右)とハクサンボウフウ(左)花の雰囲気は似ていますが葉の形が違う

tate59.png

念願の立山のおいしい水を沸かしてコーヒータイム!和三盆や氷菓をいただき癒されます(^^♪

tate60.png噴煙を上げる地獄谷と夕陽「今日一日無事故で歩き通せて感謝です!」

tate55.png tate11.png

<3日目> 快晴 8時40分のバスに乗り美女平散策に向かいます

地味ですがラン科の花です           クロユリの群落がありました

tate65.png tate82.jpg

高原バスから剣岳がきれいに見えました(向かって左奥)

tate86.png高原バスは美女平でケーブルカーに乗り換えです。その前に以前からの気になっていた立山杉の森を散策してみましょう

駅を出てすぐ右手に女人禁制の頃にまつわる伝説が残る「美女杉」の巨木があります

tate67.pngtate69.pngいきなりの急坂岩場です「さすが立山!山道なのね!」

tate70.pngカメバヒキオコシ(苦い薬草)        タマガワホトトギス(ピント合わずすみません)

tate71.png tate72.png

tate73.png tate74.png

                     火炎杉

tate75.pngtate77.pngtate79.png tate80.png

                  子育て杉

tate68.png夕立はありましたが、全行程天気に恵まれました。今年は残雪が多く、雪渓の立山はパワフルハイキングとなりました。皆さんの協力で無事故で楽しくハイキング企画会の夏山山行を終わることができ 夏山の思い出がまた一つ増えました   (by honjo)