朝日岳・雪倉岳 NO2

7/29日(土) 2時起床  3時出発。

3時に小屋の前に集合。雨は降っておらず、天気予報を確認する。白馬の2000m 雨マークなし。

真暗い中進む。 水平道は通行止めで朝日岳に登る。いきなり雪渓で 早朝のため氷ついているので

アイゼン装着する。 

水平道分岐まで 1時間45分のところ朝日岳経由するので2時間10分と時間は予定より25分多くかかる。

予期していたことであまり驚くことはない。

水平道分岐までオオサクラソウ・白山コザクラの多いこと。写真撮影は時間をとるので撮影禁止とした。

29-1.jpg朝日岳から下りたところの水平道分岐  通行禁止は解除していた。

水平道と行ってもかなりアップダウンがあるそうだ。

29-2.jpg水平道を振り返る。かなり雪が残っている。

29-3.jpg29-4.jpg29-5.jpgこんな感じですが花は多い。

シロウマアサツキ・ハクサンフウロ・クルマユリ・ウスユキソウ・ダイモンジソウ・タカネグンナイフウロ・イワオオギなどなど。

29-12.jpg雪倉岳標高 (2610.9m)9時25分到着  所要時間6時間20分  (地図上4時間40分)

雪倉から下りてくるグループに会いました。もう少しですから頑張って!

向こうは下り、私たちは長ーい長ーい上りです。ため息が出るほど登りました。

ずーと展望なし。 雪倉岳で一休み 腹ごしらえです。まだまだ長いルートなので体力維持。

29-6.jpg29-7.jpg上はタカネバラ  下はミヤマハンショウズル

ミヤマハンショウズルは我が家にあるクレマチスとよく似ています。

調べると園芸植物のクレマチスと同属でした。 29-9.jpgコマクサがともかく多い 感激です。

29-10.jpg29-11.jpg29-13.jpgウルップソウ 

29-14.jpg  雷鳥を2か所で見ることが出来た。

29-15.jpg緩やかに見える雪渓ですが下はどこまでも続く・・・  こんなとこを5か所は渡りました。

29-16.jpg三国境に12:50到着 小休憩・・・  やれやれここからは楽勝。 

残り2時間10分 (地図上) 

29-17.jpg29-18.jpg小蓮華山 標高2766m 今回1番の標高です。

 ここまで来るとにこやかになります。

少し時間をとり休憩しました。沢山の登山者でにぎわっています。

朝日~雪倉は人に出会うのが少なかった。

白馬大池小屋到着は15時30分 沢山の方です。天気が悪いので白馬山荘に行けず、停滞のパーティーもいました。またパトロールの方に時間がないからと途中で下されたパーティーも。

1501420589550.jpg一応 行程は終わっていないけど、みんなでカンパーイ 2日よく歩きました。

30日  出発はゆっくりするつもりでしたが、登山者に合わせて朝食は5時からです。

    6時半に出発。

30-0.jpg30-1.jpg30-2.jpg30-3.jpg30-4.jpg30-5.jpg大池の花.jpg大池の花2.jpgsiro下り.jpg雪倉岳.jpg下山途中に見た朝日岳・雪倉方面  この稜線を歩いてきました。

この後ガスがかかり山容は消えていきました。

30-8.jpg30-9.jpg蓮華温泉9時30分到着   ゆっくりお風呂に入って11:30のお迎えのタクシーで糸魚川まで。

無事帰ってきました。

30-10.jpg花蓮華2.jpg蓮華温泉に咲くカライトソウとタカネビランジ

長い歩行にもたえ何事もなく無事に山行を終えることが出来ました。

欲を言えば天候が・・・・            報告takada